茨城大学 Ibaraki University

茨城大学 大学院サステイナビリティ学教育プログラム

HOME 関連サイトLINK

関連サイトLINK

サステイナビリティ・サイエンスの視点に立脚した教育による新しい人材の育成や、企業、地方自治体などの行政や一般市民などへの持続可能な社会形成の普及啓発や実践活動の展開を推進支援する学術、科学振興を目的として、幅広い活動に取り組んでいます。


ICASは、大きな人口増加と経済の成長が見込まれる一方、気候変動や自然災害の厳しい影響を受けるアジア・太平洋地域を対象にして、「気候変動への適応」を中心にサステイナビリティ学の研究、教育、アウトリーチ活動を進めています。これらはまさに学際的な領域であり、人文学部、教育学部、理学部、工学部、農学部からなる茨城大学全ての学部と学内の研究センターの教員がICASに参加しています。


SSC研究拠点

持続可能性(サステイナビリティ)を基軸にした全学的な分野横断体制での教育と研究のプラットフォーム提供を目的として、2008年4月1日に北海道大学に設立され、サステイナビリティ学教育と研究を行っており、サステイナビリティ学教育では大学院共通授業科目、全学教育科目に講義を提供し、大学院教育では独自の教育プログラムを校正して提供しています。


「環境」と「健康」に関わる教育・研究活動をしています。


サステイナビリティ学に関する研究教育や出版の他、震災復興計画へも貢献しており、また国内外の大学・研究機関とのメタ・ネットワーク形成に加え、地方自治体や企業等との連携を強化し、研究成果の社会への還元を図っています。


サステイナビリティ学分野におけるネットワーク型研究拠点であるサステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)の東京大学にある研究拠点です。


東京を拠点とする先導的な研究・教育機関であり、サステイナビリティとその社会的・経済的・環境的側面に注目しながら、 政策対応型の研究と能力育成を通じて、持続可能な未来の構築に貢献し、また国際的な政策決定や、国連システム内の議論に有益で革新的な貢献を果たすことで、国際社会に奉仕しています。


環境との共生と異文化間の共生等を含む、広範な問題を統一的に扱う「共生学」を構築し、特に環境問題やサステイナビリティに関する先進的な「エコ・フィロソフィ」の樹立を目指している組織です。


大阪大学における多様な環境研究シーズを結集し、低炭素社会・持続可能社会の構築に向けて教員および学生や職員と協力しながら活動を展開しています。             


「サステイナブル価値の創造と定着」を理念とし、地球を取り巻く3つのシステム(地球システム、社会システム、人間システム)の結節点に主眼を置いた研究を推進しています。            


循環型持続的社会基盤の形成に貢献する「サステイナブル科学」研究分野の国際拠点の構築を目途に、革新的かつ創造的に研究・教育を展開できる若手リーダーの育成を目指しています。


SSC関連機関

国際実践教育演習関連

国内実践教育演習関連

ページの先頭へ

関連サイトLINK